BASEWORKS指導技法

Baseworks指導技法は 特定の動きを覚えさせたり 強度や柔軟性などの肉体的な前提条件を育むことだけを中心に展開されているものではありません。

先生と生徒の生活状況を取り巻くことを念頭に入れ、教える側と教わる側の交流の全体性を見つめるホリスティックな取り組みなのです。

生徒が先生から学ぶのと同じように、教える側も生徒から多くを学ぶことができることを前提としている枠組みなのです。

パトリック・オアンシア

Baseworks創設者

 

パトリック・オアンシアは過去18年間、Baseworks Practiceと その指導技法を開発してきました。

自分だけではなく 様々な人々の練習における進歩、怪我、コンディションに合わせて練習を調整する方法への理解と経験を元に、常に教えを進化させてきました。

運動競技、異なる動きの分野、自己実現、独創的アートの領域との継続的な関わりにも影響をうけているのです。

パトリック・オアンシア

Baseworks創設者

パトリック・オアンシアは過去18年間、Baseworks Practiceと その指導技法を開発してきました。

自分だけではなく 様々な人々の練習における進歩、怪我、コンディションに合わせて練習を調整する方法への理解と経験を元に、常に教えを進化させてきました。

運動競技、異なる動きの分野、自己実現、独創的アートの領域との継続的な関わりにも影響をうけているのです。

システムとして効果的

練習について

 

練習に専念することで、より巧みな動きの操作をもたらし、強度と柔軟性を育みながら、身体を感じ理解できるよう Baseworksは設計されているのです。

どのように練習するか

 

一人一人の身体的/知覚的 能力の度合い、個人的目標、変化するコンディションに合わせて練習を調整することから、考え方、頻度、構造の枠組みが Baseworks指導技法には存在します。

どのように教えるか

 

主な指導枠組みNODAA™️は、異なる身体的/知覚的 能力を持つ 生徒一人一人の特定のニーズや 多様な学習スタイルに応じることができるよう設計されています。NODAA™️は 教えるためのツールと、先生の役割に関する指針の組み合わせから成り立っています。ナレーション、オブザベーション、デモンストレーション、アシスト、アセス、の頭字語なのです。

先生の役割

Baseworks講師は以下に応えるため、Baseworksの動きのシステムを枠組みとして活用しながら生徒に働きかけるのです:

  • 動きの目的
    生徒の現状に最も適した 動きと動きの目的に対する先入観を明らかにする。
  • 制約
    現時点で生徒がもっている制約/コンディションへの理解を促す。
  • 注目
    身体や動きの質感のディテールに気がつけるよう 生徒の意識を方向づける。
  • フィードバック
    最適な身体意識を育むことに注意を向けることができるよう 生徒にフィードバックを提供する。