基盤

何かを体験するとき、動きは重要な役割を担うのです。行動のほぼすべては動きなのです。歩くこと、走ること、書くこと、キーボード入力すること、食べること、見ること、抱きしめること、呼吸することすら。

これに加え、語ること、身振り手振りや仕草、踊ることまで、どんな自己表現であろうと すべて動きなのです。

科学者によっては、脳を持つ唯一の目的は 正確に動きをコントロールするためであると提案している人すらいます。

より巧みに動くことができる人もいます。よりよく身体を感じとることができる人もいます。違いはあるにせよ、動き、感じ、身体を理解する能力を改善することは、誰にでもできることなのです。

優雅に効率的に身体を動かすことができるためには、高解像度で身体を感じとれるようになる必要があるのです。そのうえで、動きを正確にコントロールする訓練が必要なのです。

Baseworks Practiceは、より巧みな動きの操作をもたらし、強度と柔軟性を育みながら、身体を感じ理解していくことを手助けするのです。

Baseworksの動きの取り組みは 一連の筋肉同時活性化パターンを中心につくられています。

いろいろな動きに繰り返し応用することで、身体のすべての部位が継続的に活性化されるようにするのです。

活性化状態を全身に巡らすという原則と定期的で繊細なミクロの動きを組み合わせながら、動きを ゆるやかに行います。

Baseworksの取り組みは、よりよい空間的意識固有受容感覚内受容感覚を育むのです。

必要以上のストレスをかけず、安全効果的に動く方法と 身体のより深い理解を促します。

強度柔軟性運動制御の発達を統合し、確かな動きの語彙を形成するのです。

Baseworksの動きの語彙は適応学習を支えるようデザインされているのです。幅広く動きに応用できると共に、心と体の調整を高めたり、特定の精神的タスクのパフォーマンス向上にもおよぶ可能性もあるのです。

BASEWORKS PRACTICEがどんな感覚か

身体全身を活性化させる

体系立てられたパターンある動き

ゆるやか、効率的で安全

落ち着いて安定した意識

BASEWORKS 筋肉 同時活性化パターンのねらいは:

3種類の身体意識を高める

関節と背骨を安定させ守る

異なる身体の部位を機能的につなげ分ける

筋肉が互いにどう働きかけあうかを理解する