精神的パフォーマンス

メンタルな次元でのパフォーマンスを高めたいと思わない人はいないでしょう。

身体活動は精神的パフォーマンスを改善するものとして認識されています。選ぶ身体活動の種類によって違いはあるのでしょうか?

 

身体のため

身体活動はすべて 動くことなのです。

身体活動の種類の多くは 脳ではなく 主に筋肉の発達に特化しているのです。

それでいて:

  • どんな身体活動でも 脳への血流を増やすのです
  • 身体活動は神経可塑性を高めることで知られています
  • 身体活動はストレスと鬱の症状を減少させることで知られています

これらは みな素晴らしいことです。でも、もっと良い結果を出すことは可能なのでしょうか?脳に直接的に働きかける身体活動を選ぶことができたら どうなるのでしょう?

 

脳のため

Baseworksでは、身体活動が身体にもたらす一般的なプラス効果にとらわれず、動きが特に脳に与える影響に強い関心を持っています。

動きの取り組みであるBaseworks Practiceは以下を改善するようデザインされているのです:

  • ボディランゲージを変え、自信を与えるなど、限りない健康効果をもたらす 姿勢運動制御
  • 集中力と 複数の事柄に同時に意識を向け続けることができる能力
  • 優れた空間認識と問題解決力につながる 機敏さと空間意識
  • 自己調整への第一ステップでもある、自分の感情を よりよく理解できることにつながる 内受容感覚
  • 優れたリズム感、空間意識、運動協調性につながる固有受容感覚
  • どんな段階においても極めて重要となる ストレスを調節する能力

運動制御について

情報/経験を共有するプラットフォームとしてのBaseworksの主な目的の一つに、動きの練習が 私たちの体験にもたらす影響を浮き彫りにすることがあります。

 

例えば

  • 双方向性の動きをとおして 人間関係や社会動学の理解を深める
  • 空間意識と 空間認識/問題解決の関係性を認識する
  • ストレスのカスケード反応活性化を抑えるための治療手段として 内受容感覚と固有受容感覚を使う
  • 精神的機能を改善する バイオフィードバック介入として動きの練習を活用する