動きの制御

脳が筋肉を操作することで私たちは動くのです。

動きの制御とは、神経系が筋肉の収縮を操作できる能力として定義づけられるのです。

動きの制御には複数の段階があり、これには動きの意図/目的、計画、プログラミングと実行が含まれています。

Baseworks技法は動きの意図/目的を理解し、たやすく精密に動きの成果を改善することに着目するのです。

意図/目的

身体に働きかけることに慣れていない人にとっては、動く目的は実用的かもしれません。

人によっては、クリエイティブな自己表現のために動くかもしれません。

仕事の一環として、もしくは社会的に自分を示す方法として用いる人もいるでしょう。

アスリートとしてのパフォーマンスとして動く人もいるのです。

単純に気持ちいいから動きたい人もいるのです。

いつも座っているライフスタイルの悪影響に気づき始めたとき、より多くの人々が、セラピー効果を求めて身体を動かし始めるのです。

結果

強度と柔軟性、もしくは動きを操作し調整する能力が十分でないと、動きの成果と意図/目的にズレが生まれることもあります。

そもそもの意図/目的すら理解できないこともあるでしょう。

 

Baseworks Practiceが ねらう発育は:

  • 複雑化する動きを実行できる運動技能
  • 相手の動きの意図/目的を理解するために必要な意識度
  • 怪我を予防するために必須の身体意識と理解

活性化状態を全身に巡らす

Baseworksの動きへの取り組みの主な原則の一つが 活性化状態を全身に巡らすことなのです。

身体全身が常に 低強度の活性化(筋肉収縮)で保たれるのです。

この技法を用いることで高まる学習能力を自身で体験すると共に 生徒にも同様の効果があるという所見から、パトリック・オアンシアが実体験に基づき開発した原則です。

フィードバックを増やす

活性化状態を全身に巡らす状態では、動きを実行するために最小限で必要な信号よりも より多くの信号を脳が筋肉に送るのです。

定期的で繊細なミクロの動きと 活性化状態を全身に巡らす状態を組み合わせることで、脳はより多くの固有受容感覚を受け取ることができるのです。

意識を高める

活性化状態を全身に巡らす状態を用いることで、脳はより多くの感覚入力を受け取ることができるのです。

感覚入力があればあるほど、自覚している意識に達する可能性が高まるのです。

パターンをみつける

脳はパターンを抽出する機械なのです。

活性化状態を全身に巡らせながら 筋肉に送られる信号を弱めていくことで 脳は、動きの意図/目的に最適な筋肉同時活性化パターンを選び、運動プログラムとして「保存/記録」することができるのです。

筋肉をつなぐ

活性化状態を全身に巡らすことで、筋肉・骨格組織全体にわたる強度の分配を よりよく感じ均一化することができるのです。

これは関節を安定させ、身体の異なる部位の機能的なつながりへの深い理解をもたらすのです。