イベントを読み込み中
コース
June
japan
コース
June
japan

アーシャ・シェルバコーワによるBASEWORKS PRACTICEの解剖学と生理学(日本語):東京

2018年06月11日 - 2018年08月01日
UNIVERSAL
コース

8週間 : 20時間
定員: 20名

このコースではBaseworks Practiceの解剖学と生理学を研究し、それが動きと健康全般に与える影響をみていきます。

主題:

  • 異なる文化における健康と医療
  • 健康との関係でみる生物学的構造と機能
  • 筋肉-骨格系
  • 動きの生成における筋肉の役割
  • 神経系
  • 化学的コミュニケーション

Baseworks Practice は異なる身体的 前提条件と学習目的からなる 4つのモジュールで構成されています。モジュールはすべて同じ指導技法で教えられるため、一貫した学習体験が保証されます。

講師紹介

Avatar photo
アーシャ シェルバコーワ
BASEWORKS Research Associate & Co-Developer | BASEWORKS Practice Certified Instructor | BT2 | PhD 人類遺伝子の理学修士号とバイオテクノロジーの博士号を持つ。ストレスが学習と記憶にもたらす影響に関するプロジェクトに関わっており、Baseworksの研究開発と共に、現在 中鎖脂肪酸トリグリセリドの認知促進効果を研究。 Baseworks共同開発者としての彼女の任務は、既知の神経生物学的メカニズムにBaseworks技法の実践応用をマッピングすることと、運動生理学、他の動きの練習や日常生活に Baseworksの先駆的な実践応用をマッピングするために「変換」することにある。

投稿

2022年07月02日
どのように練習に取り組むかが、どのような状況においてもリセットでき自足フィードバックツールを構築するためのコツなのです。秘訣は、人生のランダムさのなかで適切なものを再発見する能力を育むことです。... つづき
2022年04月24日
温度計のような物差しで状態を感じ取り、外へとアウトプットする過程そのものが、私にとってのドローイングであり、数多く存在する表現方法の一つなのです。... つづき
2022年02月24日
空間の中で、自分の体の位置を意識してはいるものの、位置情報を計算するため脳への入力を提供する筋肉や関節からの信号は、私たちの意識的な認識に到達していないと想定されています。... つづき
2022年01月25日
行動変化は、時として見えないほどに微かなものなのです。それでいて、日々とる行動が未来の私たちを形作り、進化させるのです。... つづき

場所

住所
JayaDojo: 1-25-11 Ebisunishi, Shibuya, Tokyo, 150-0021

関連イベント

2022年12月21日 - 2022年12月21日
UNIVERSAL
生放送
This VS will focus on how we sense the body’s position in space utilizing the Baseworks gridlines and Symmetry principles. ... >>
2022年12月14日 - 2022年12月14日
UNIVERSAL
生放送
このVSでは、背骨の可動性を高め、背骨への意識を高める方法を探ります。Baseworks特有の、背骨の細かなミクロの動きや、背骨の屈曲-伸展-屈曲といった動きを分解していきます。... >>
2022年12月07日 - 2022年12月07日
UNIVERSAL
生放送
Knowing the terms describing the method's movement vocabulary is essential to understand the instructions. This VS introduces Baseworks-specific terms to describe Baseworks movements.... >>