記事をシェア:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
Share on reddit
Share on email
Share on vk
Share on tumblr
Share on digg
Share on mix

温度計のような物差しで状態を感じ取り、外へとアウトプットする過程そのものが、私にとってのドローイングであり、数多く存在する表現方法の一つなのです。

最終的にドローイングを作品として完成させることよりも、そこに至るまでのプロセスにおいて得ることができる気づきや体験の方がはるかに意味深く、それ故に私は自分をアーティストとは呼ばないのだと思います。

ten different drawing artwork by satoko horie

プロセスにおいて大切な役割を担うのが、身体を動かしながら感度を高めていくアクションです。

私の場合、どのような動きであろうと、動くことに専念し、自分が動きに一体化したとき、思考が停止する瞬間があり、その瞬間が生み出す空間の中からイメージが湧き上がってくるのです。

動きに刺激され、身体の一部に埋もれていた記憶の断片がフラッシュバックするという、極めて個人的な体験です。

身体を動かし感度を高めることの根底にあり、コンディショニングの役割を担っているのが、マインドフルネス/瞑想、呼吸への意識、そして水泳/ハイキングですが、Baseworksの循環構造こそが動きに対する感度と身体意識の高まりに限りなく貢献しています。

これら日々の練習に、ランニング、サイクリング、クライミング、スノーボード、スノーシュー、コンタクト・インプロビゼーション、動きの語彙を探求するオハッド・ナハリンのGagaなどを加えることで、動きの幅を広げるのです。

確立された毎日の基盤があるため、新しい動きに順応しながら練習を進化させ、自分を定点観測し、感度を高めることができるのです。

satoko horie exploring movement in dance improvisation sessions

これらの内的プロセスがある一方で、内側から湧き上がってくるイメージに強烈なインパクトを与えるのが、外側からの刺激です。

どこに行き、何を見て、何に触れ、どんな対話をし、何を学び吸収してくるか。

五感の中でも視覚と触覚から入ってくる情報を好み優先する傾向がある私にとっては、屋外美術館/建築体感型イベント/パフォーマンスアート/カルチャー創出型フェスティバル、アウトドア活動/大自然の中でのキャンプ生活などは、様々な記憶の断片となるインスピレーションの源を、体の中に埋め込んでくれます。

体験自体が新しい視点で物事をとらえる契機となり、慣れていないことにでも新たに取り組み、何かを学びなおすことを促すため、様々な色合いを残してくれるのです。

hands of people drawing with crayons on paper

内と外のプロセスがあり、身体を動かすことで湧き上がってくるイメージを掴みとり、それを画用紙に指先と手全体を使って吐き出していくというのが実際のドローイングのプロセスです。

クレヨン、パステル、色素の粉などを、指先や手につけて、画用紙と手を対話させながら、動きの中から湧き上がる閃きや感覚を平面の世界に投影させていくのです。

ドローイングしている瞬間は、身体を動かしている瞬間に似ているものがあり、自分が表現に溶け込み、思考が途絶え、時が止まり、異空間へと吸い込まれていくのです。

これは、ミハイ・チクセントミハイが語る「フロー」に近いものなのかもしれません。

そして完成されたドローイングをみる時に、自分がいた内と外の感覚を見つめることができるのです。ある意味ドローイングは、私にとって自分の内面をよりよく知るためのリトマス紙なのでしょう。

colorful drawing art supplies including crayons, pastels, pigments, paint, markers

好奇心旺盛の方々へのインスピレーション

Instagram: @tento64

著者について:

BASEWORKS をフォロー:

CONNECT WITH BASEWORKS:

RECENT PODCASTS:

Masa Suzuki: 動く、だからこそ我あり

パルクール・プロアスリートからムーブメントコーチへの移行、怪我をとおし体験し学んだこと、動くことに注ぐ絶大な熱意と裏にある理念、日本でムーブメントを広める活動に至るまで…

Read More »

TRANSMISSION 購読:

他の記事:

Title

2022年07月02日
どのように練習に取り組むかが、どのような状況においてもリセットでき自足フィードバックツールを構築するためのコツなのです。秘訣は、人生のランダムさのなかで適切なものを再発見する能力を育むことです。... つづき
2022年02月24日
空間の中で、自分の体の位置を意識してはいるものの、位置情報を計算するため脳への入力を提供する筋肉や関節からの信号は、私たちの意識的な認識に到達していないと想定されています。... つづき
2022年01月25日
行動変化は、時として見えないほどに微かなものなのです。それでいて、日々とる行動が未来の私たちを形作り、進化させるのです。... つづき
2020年02月06日
私たちの存在は、移り変わり続ける四季のようなものです。身の回りの状態に影響され、一秒ごとに変動しているのです。... つづき
2020年01月02日
時間をかけ様子を見ることをせず、あらゆるものを試すだけで終わってしまうことが当たり前の今日この頃。選択肢の多さと、どれほど時間が限られているかを考えると、これは驚くことではないでしょう。そして皮肉なことに、より衝撃的で簡単に手にいれることができる印象があればあるほど、誰もが試し、程なく忘れ去られるのです。... つづき
2016年05月11日
どこか心の奥底で、満たされていない空虚感を感じているのであれば、本当に生きている実感を味わうことができる新しい領域を探ってみてはどうでしょう?... つづき
2016年03月09日
クリエイティブな方法で、体を動かすことを、生活の中に取り入れてみよう。動きは身体の状態を変えるだけではなく、気持ちのあり方にも影響を与えるもの。より意識的に、より効率的に、もっとクリエイティブに、豊かな生活が過ごせるよう、導いてくれるのです。... つづき