アーシャ・シェルバコーワによるBASEWORKSの生体力学拡張版:東京

アーシャ・シェルバコーワ
Japan
2018/03/11 ~ 2018/03/18

イベントをシェア:

3週: 15時間定員: 20名Baseworks PracticeのSTRATEGYモジュールの目的を学ぶことを主眼として設計されています。

脳がどのように身体運動を制御しているかという観点から、空間における身体の動きの生体力学に着目します。

生徒の身体にかかる力を視覚的空間的に理解する信号を用いる方法を学ぶと同時に、特に背骨のねじれとの関係での怪我の回避方法について掘り下げます。

主題:

  • 空間意識:解剖学的な動きの面を曲げる、空間テンプレートの確立
  • 空間における体重分散:安定性を変えるもの、一般的な無意識の運動パターンを理解する
  • 並進運動
  • 動きに影響を与える力:怪我の回避、運動制御
  • ツイストとねじれ:怪我の回避
Baseworks Practice は異なる身体的 前提条件と学習目的からなる 4つのモジュールで構成されています。

モジュールはすべて同じ指導技法で教えられるため、一貫した学習体験が保証されます。

ファシリテーターについて:

他のイベント:

BASEWORKSをフォロー:

ポッドキャスト:

Masa Suzuki: 動く、だからこそ我あり

パルクール・プロアスリートからムーブメントコーチへの移行、怪我をとおし体験し学んだこと、動くことに注ぐ絶大な熱意と裏にある理念、日本でムーブメントを広める活動に至るまで…

視聴する »

記事:

自己調整のモーニングコール

どのように練習に取り組むかが、どのような状況においてもリセットでき自足フィードバックツールを構築するためのコツなのです。秘訣は、人生のランダムさのなかで適切なものを再発見する能力を育むことです。

記事を読む »

自己認識のリトマス紙

温度計のような物差しで状態を感じ取り、外へとアウトプットする過程そのものが、私にとってのドローイングであり、数多く存在する表現方法の一つなのです。

記事を読む »

開催イベント

ポッドキャスト

Masa Suzuki: 動く、だからこそ我あり

パルクール・プロアスリートからムーブメントコーチへの移行、怪我をとおし体験し学んだこと、動くことに注ぐ絶大な熱意と裏にある理念、日本でムーブメントを広める活動に至るまで…

視聴する »

記事

自己調整のモーニングコール

どのように練習に取り組むかが、どのような状況においてもリセットでき自足フィードバックツールを構築するためのコツなのです。秘訣は、人生のランダムさのなかで適切なものを再発見する能力を育むことです。

記事を読む »

自己認識のリトマス紙

温度計のような物差しで状態を感じ取り、外へとアウトプットする過程そのものが、私にとってのドローイングであり、数多く存在する表現方法の一つなのです。

記事を読む »

固有受容感覚的意識の謎

空間の中で、自分の体の位置を意識してはいるものの、位置情報を計算するため脳への入力を提供する筋肉や関節からの信号は、私たちの意識的な認識に到達していないと想定されています。

記事を読む »